スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳井正 鑑定

管理人 今回鑑定していただくのは、メディア露出で話題も多い、株式会社ユニクロ、並びに株式会社ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長、柳井正さんです。

柳井 正(本名・同じ) 1949年2月7日 生まれ

yanaitadashi_gazou.jpg
yanaitadashi_kakusu.jpg

有川 実は前に鑑定した孫社長に近いところがあります。

管理人 メディアでも同時に取り上げられることが多いですね。

有川 新しいことがしたい。既成概念を壊して新しいことに打って出たいという気持ちが強い方です。チャレンジ精神を常に持っています。そして、合理主義で無駄が嫌い。ユニクロという会社はそういった柳井さんの考えを具現化した会社だと思います。

管理人 確かに合理的でないと安くていい商品を作るというのは難しいですね。

有川 変化を求めすぎて周囲から大丈夫かなと心配されるぐらい、新しいことをやろうというパワーが強いですね。年齢的に考えても失敗は昔にしてきたので、その経験から合理的かつ的確な選択ができるようになったのではないでしょうか。

管理人 ユニクロの登場は革命的だった気がします。

有川 それらを象徴するのは「人格の9」という数字です。勘の良さが活きています。例えがわかりづらいかもしれませんが、「1を言われて10まで考える」という状況があった場合、普通の人であればその工程は1から順番に10まで進むと思いますが、9系列の数字を持った人の考えは突飛で、順番どおりにいきません。「いきなり7に飛んで3に戻ってぐるっと回って10」という思考回路で、発想のスピードが違います。

管理人 周りの人は大変そうです(笑)。

有川 9の特徴をもうひとつ上げると、脳内シミュレーションが多いということですね。湯水のごとくアイディアが出ても行動に移しません。脳内完結して結果がわかってしまうのでなにもやらない、という性格です。年齢が上がり経験値が増えると脳内シミュレーションの精度も増すのでまったく動かない。企業家で社長という立場だとさすがになにもしないわけにはいかないので、売上を上げるための効率のいいアイディアを考えます。

管理人 そのシミュレーションの中でこれだったらやれるだろうというのがユニクロだったりするんですね。

有川 だと思います。柳井さんの面白いところはそれに加えて「外格10」という数字を持っているところです。石橋を叩いて壊す、非常に慎重な数です。ただでさえなにもしない9に加えて、石橋を壊す10。「だからやらないほうがいいんだ」と言わんばかりの慎重派です(笑)。経営者という立場だと、そんな性格でもなにかやらないといけない。一番最良で失敗がない、かつ効率よく合理的に進められるものはなんだろうと考えてきた中で行動しています。基本的にすべて勝算、自信がある。すべてのリスクは計算していて間違いない、というぐらいの気持ちを持っていると思います。

管理人 リーダーの素質は持っている。

有川 ただ、大成功している人に言うことではないかもしれませんが、「総画18」というのは合理的すぎて周囲の人の考えを考慮しない、効率を考えるあまりそこに関わる人の感情を忘れがちという側面があります。ひょっとすると近しいところからの批判、非難などがあるかもしれません。とはいえ、基本的にはユーモアがあって楽しいことが好きな明るい人。スポーツや芸術にも関心がある人ですので、人を寄せ付けないということはないでしょうね。

管理人 経営者じゃなかったら……。

有川 単なるダメリーマンです(笑)。新しい環境に行ってみたがる、経験をしたがる、という中で……もしかしたら自分を試しに若い頃海外へ行って、世界の現状と日本の常識のギャップを感じて変革が必要だと感じていた、ということがあったかもしれません。海外の状況を見て、このままじゃいけないと思って普段動かない人が動いた、とか。

管理人 成功のイメージを持っていたから動けた。

有川 たくさんの選択肢を広げて、とにかく潰してきた結果、ですね。この橋は渡れそうなのか渡れなさそうなのか、とにかく壊して渡れるところだけ渡ってきた。効率がいいやり方が自然と身についていたんだと思います。ちなみに「人格に6」という数字がありますので、それなりの家庭環境にいたのではないかというのも想像できます。

管理人 親から受け継いだ遺産が莫大だったみたいです。

有川 なるほど。個人の名前だけで判断できるところは限界がありますので、画数が同じ人なら結果も同じとはなりませんが、やはり似た傾向にはなっていくようですね。前回観たスギちゃん、水樹奈々さんにも6系統の数字がありました。

管理人 両親や周囲にいる人の名前というのも大事なんですね。

有川 そうですね。話が長くなるので姓名学の本質的なところはまた別の機会にお話できればと思います。さて、柳井さんの話に戻りますが、実は昨年が運気のMAXでした。ユニクロの業績を調べているわけではないですが、2010~12年が隆盛期に入っていたので勢いは凄かったと思います。そのパワーを仕込みに使っていたとしたら、今年来年あたりに結果が出てくるかもしれません。

管理人 業績は国内では厳しいようですが海外展開が始まっているようです。

有川 一番乗っているときに準備していたことは遅れて結果がついてきます。逆にいうと今年から落ちてきますので、数年後の展開には気をつけたほうがいいかもしれません……と、経営者ではない自分が言うのもなんですが。年齢的にもきつくなっていく頃かと思います。糖尿病や、胃腸・器官あたりはあまり強いほうではないので要注意ですね。2014年が体調を崩す年になりますので、無理をせずチャレンジ精神で面白いことを続けていただきたいです。
スポンサーサイト

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

有川八七

Author:有川八七
このブログは、姓名鑑定師 有川八七と管理人の会話の記録です。
旬な人々を姓名学的な観点で語っています。
人の名前がもたらす運勢に興味を持ってもらえたら嬉しいです。
姓名学については
こちら
を御覧ください。

最新記事
ツイート
最新トラックバック
カテゴリ
来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。