スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドンオリンピック メダリスト 鑑定 第1回

管理人 今回は、今年開催されたロンドンオリンピックで活躍したメダリストの方々を数回に分けて鑑定していただきます。

olympic-gazou01.jpg


吉田沙保里(本名・同じ) 1982年10月5日生まれ
澤 穂希(本名・同じ) 1978年9月6日生まれ
olympic-kakusu01.jpg



有川 はい。ではあまり長くならないように、その人がどんな方で将来どのようになっていくかを予想して見ていきたいと思います。
まず吉田選手なんですが、姓名学上で見ると大変目立ちがり屋でユーモアのセンスもあってなんでもできる、という多才な方です。レスリングの選手として活躍されていますが、名前だけを見るとそういう世界の方だとは感じません。強さの秘訣を見てみると、おそらく試合のスタイルだと思います。

管理人 スタイル、というのは……。

有川 吉田選手は研究熱心なんですね。もちろんどんな選手もそうだと思いますが、吉田選手はまず試合の相手を徹底的に研究します。組み立てを細かくシミュレーションして、行き当たりばったりというのがないありません。相手の動きはすべて想定内です。こうきたらこう返す、というパターンがいくつもあって無駄なことはしません。シミュレーションが出来たら試す、成功したらそれを突き詰めます。あれこれ余計なこと、例えば技などを入れたりしない、合理的なタイプです。
ひとつ残念なのは元来詰めが甘く気を抜きやすい性格なので、監督も苦労したのではないかと思います。

管理人 それを克服したから結果を出せたというわけですね。非常に勉強家タイプだと。

有川 勉強家、研究家ですね。気がつくと研究する。不眠不休というより自然とやっています。勝ちパターンを積み上げて年々強くなるタイプです。相手に研究されると弱いですが、それも踏まえて多くのシミュレーションをしていると思います。

管理人 そのへんはどこの数字が表していますか?

有川 外郭の「22」です。本来臆病者の数で、自分のテリトリーに入る相手を分析しないと対処できません。ただ、把握したときの対処は非常に上手で、段取りを組み立てたり、人を操作することに長けています。会社では経営者や経理に多いタイプですね。とにかく熱心に攻め方を考えます。

管理人 今年はどんな年でしょうか。

有川 隆盛期が2011年から始まっています。今年は一段と活躍できる年です。3年間の隆盛期の中にもそれぞれ1年毎のバイオリズムというのがあるんですが、6・7・8月というのがMAXなんです。自分もテレビ中継を見ていましたが、名前を見て安心して結果を見ずに寝てしまいました(笑)。

管理人 今後についてはどうでしょう。

有川 来年は隆盛期の最後の1年で最高潮の年です。この間に大会などがあれば目まぐるしい活躍をされると思います。かなり期待できると思います。ただ、次のオリンピックである2016年というのが吉田選手が衰退期に入っている頃です。物事が止まる年になります。2015年から身体や精神的に衰えてきたと感じると思います。身体が弱る、思うように動けなくなってきます。姓名学で言うと次のオリンピックは難しいです。積み上げれば積み上げるほど強くなるので続けられる可能性もありますがそれでもキツイでしょう。
いずれにせよ応援はしていきたいですね。今年、来年の夏場はさらに凄い試合が見られると思いますので楽しみにしています。

管理人 そうですね。活躍に期待したいです。さて、今回はもう一人、女子サッカーを代表して澤穂希選手を見ていただこうと思います。

有川 はい。この方は常識破り、既成概念ブレイカー、反骨精神の塊、です(笑)。橋本市長に似ているところがあり、世間一般的に言われている常識を嫌います。例えば女性はこうである、女子サッカーはこうである、ということに反発したがります。「それはおかしい、わからないでもないがそうじゃないだろう」と、不条理をわかった上で対抗したい気持ちが強い方です。

管理人 なんとなく、気の強い方だというのは想像できます。

有川 それに対して研究もする。どうしたらいいのかを考えています。決してスマートではありませんが、何度もトライ&エラーを繰り返して経験を積み上げます。逆に、この性格のせいで澤選手は精神的にツラい症状に何度も襲われているかと思います。配列的に精神をやられてしまう傾向にあるんです。

管理人 それは画数ですか?

有川 というよりも、これは配列によるものです。「天格・人格・地格」、これは人体を表していて、この並びによって気の流れが変わってきます。綺麗な並びだと健康に心配はないのですが、崩れていると精神的に疲れてしまったり、女性であれば婦人病にかかりやすいといった身体の不調が出やすくなります。澤選手は精神面の並びが特に良くありません。ただ、対外的には粘り強く、自分が弱っていてもマシンのように試合には出られるタフさもあります。その両面を持って、やればやるほど疲れていきます。これだけの結果を出すのは本当に大変だったと思います。

管理人 体調を崩している時期もあったようですが乗り切りましたね。

有川 元々の性格が理想の探求者で、「こうじゃなきゃいけない」と理想に対して自分がそうあろうと努力します。現実的に離れてるところがあると自分自身がツラいので、とにかく頑張る。反面そのせいで疲れる、自分を追い込んでしまいます。

管理人 サッカーは集団スポーツですが、澤選手は個人の理想を追い求めるタイプなんでしょうか。

有川 そうですね。理想は自分に課していますが、同時に「サッカーとはこうあるべきスポーツでそれを創りあげたい」という気持ちも持っていると思います。執着心と言いますか、「こうなっていかないといけない」という思いが強いです。周囲から女子サッカーに対して不遇な扱いを受けていたという話も耳にしますが、それにまっさきに噛み付くタイプです。傷つきながらここまで来た、と言っていいでしょうね。

管理人 あまり表には出ないですが、苦労人なんですね。

有川 そうですね。理想家であり、体系化・理論化して今のサッカーに対して明確な答えを持っていると思います。これからのサッカーを語れる方です。戦略家というと言い過ぎですが、夢をどうやって実現させるかを冷静に考えられる方です。「41」というのは大器晩成型の数です。学者数とも言われていて、
経験がすべて身になります。

管理人 今年は非常に良い結果が出せたと思います。

有川 はい。えーと……あれ、運気のタイミングが吉田選手と一緒ですね。今年が隆盛期の真ん中です。去年の夏にすでに結果が表れています。今年もオリンピックの時期が最高に力が出るときですね。やはり同じ場所で同じように良い結果を出せたということは同じ運気があるということです。

管理人 これからの澤選手をどう見ますか?

有川 隆盛期の真ん中の年は、例えばサラリーマンだと会社を辞めてしまう時期なんです。我が強くなって自分の思いが強く出過ぎる、実はこういうことがやりたかったというのが一気に出てきます。

管理人 攻撃的になる?

有川 そういうことです。前の年で結果を出して自信がついて、勢いが出来たところで辞めてしまうというのがよく起こります。すでに引退の噂も出ているようですが、実はタイミングとしては悪くありません。澤選手にとって女子サッカー界の理想を創るには、今年・来年というのはすごくいい時期です。来年は運気が最高になりますのでゴリ押しもききます。弱っていくのは2015年、選手を続けていくのは非常に難しいです。選手としてオリンピックで結果を出して、今後は自分が女子サッカーの顔として背負って立ち、見守っていく。そんな道筋を考えているような気がします。それを決めているとしたら今年の7月です。

管理人 すでに考えは固まっているかも知れません。

有川 昔はただの暴れん坊だったと思いますが、経験を蓄積して判断力が上がり、良き指導者にもなれる力を持っています。ストレートな性格で衝突もあるかも知れませんが、澤選手が新しい女子サッカー界を担う選手を育てる日も近いと思います。

管理人 まだまだ話は尽きませんが、オリンピック選手の鑑定は次回に続きます。


※この占いは、姓名鑑定師・有川 八七による姓名判断を文章にしたものです。
ご本人、及び関係者へのお問い合わせは御遠慮ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

有川八七

Author:有川八七
このブログは、姓名鑑定師 有川八七と管理人の会話の記録です。
旬な人々を姓名学的な観点で語っています。
人の名前がもたらす運勢に興味を持ってもらえたら嬉しいです。
姓名学については
こちら
を御覧ください。

最新記事
ツイート
最新トラックバック
カテゴリ
来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。